<?php the_title(); ?>

争う暇

争う彼と知り合った時、一目ぼれというよりも
「何となく気になる」とは思いました。
キリリとした印象の強い彼。かといって話しにくいわけではありませんでした。
逆に、緊張している私の心を溶かしてくれるようなタイプだったんです。

それから数日後、仕事で近くまで来ているから仕事が終わったら食事でもどうですか?
というお誘いを頂き、私は出かけることにしました。
その時に私は彼を好きになったのです。
そこからお付き合いまではスムーズに進んで行きました。
まるで少女漫画でも読んでいるかのようでした。

お付き合いが始まってからも、彼は私のことを常に中心において考えてくれていました。
私も既に彼が私の中心となっていましたので、彼のことを最優先に考えていました。

こんな風に思い合うことができるのだから
穏やかで静かではあるけれど、長く続いていくことが出来ると思っていました。

2人の関係がそう長く続かないのかもしれない・・・と不安を覚えたのは
半年もしない頃でした。
彼は私といても楽しそうにすることもなくなりましたし、2人で居ることそのものに対して
ネガティブな感情を抱くようにもなっていました。

別れは意外とアッサリとしたものでした。
お互いに「仕方が無い」言い合って別れたような感覚でした。

争う暇もないままの恋愛はそうして幕を閉じたのです。

最新の記事一覧

  • カテゴリ

    • カテゴリーなし
  • 月別アーカイブ

ページ上部に